不動産の豆知識

1. 不動産投資

●不動産投資とは

 不動産の世界でよく聞く言葉の一つに不動産投資というものがあります。不動産投資とは、不動産買い取りに対し資本を投下することです。

 地価の変動・上下にともない、可能な限り近接した地域で不動産を買取ります。するとその地域一帯における地価が上昇し、買取した不動産の価格が上昇します。。

 不動産の価格が上昇した段階で、一気にそれらの不動産を売り払います。その結果、不動産投資のために買い取りに投下した金額と、不動産売却の際の差額分によって儲けを確定させるのが不動産投資の鉄則です。

 この鉄則に則り、不動産投資市場に可能な限り資本を集める行為全般をこそ不動産業界における不動産投資と定義づける説も存在します。

●不動産業界における不動産投資の倫理性

 不動産とは「動産」という言葉と対をなす概念です。土地や建物など文字通り動かない不動の財産です。動かすことのできない財産イコール不動産という定義が成り立ちます。

 対して動産は動かすことのできる財産ですから、これはいろいろとあります。不動産投資は土地や建物という、本来価値が安定してしかるべき土地や建物に対して投資するわけだから、幻影のようなものです。

 不動産投資は、その幻影性に一喜一憂し踊らされる人間が創り上げる市場ともいえます。不動産自体は何ら変化しないのに価値のみが変動しているかのように見えるのは、人々が共通の幻影を描き、踊らされている一つの証左でしょう。

 不動産投資に一定の倫理や歯止めのようなものがない限り、第2、第3のバブル崩壊を引き起こさないとは決して言えないでしょう。

スポンサードリンク

2. 競売 物件

●不動産における競売と物件

 不動産における競売は最近では物件確保の際の一つの手段となっています。

 不動産は多くの場合、住居という側面を持っています。

 ところがある不動産物件が置き去りにされて、夜逃げよろしくその不動産物件が宙に浮いたとしましょう。

 不動産の所有者は夜逃げするくらいですから、負債を抱えていてその不動産・物件は債権者の手に渡ることになります。

 不動産物件を手にした債権者は当然のことながら、物件を換金処理したいに違いありません。物件を売りに出し、その不動産物件に注目した人たちが不動産に値段を付けていきます。

 不動産の値段をできるだけ高い値段をつけた者が最終的に落札して、その不動産物件を手にすることができるのが競売と呼ばれるものです。

 不動産の世界に競売はなじみやすく、また競売というスタイルが物件の処分には好都合なことから、不動産の世界ではよく用いられるのが競売という換金処理のシステムなのです。

●なぜ不動産だと競売が物件処理に適している?

 不動産の前項でも書きましたように「不動産物件は必ず値上がりする」という幻影が存在しています。

 これが故に競売にかけられる不動産物件には“底値”もしくは“お買い得”なイメージが付きまとい、その不動産物件に興味のある人は後を絶たず次から次へと値段をつけていくのです。

 不動産における競売というのは、「競って売る」と書きますが、希望者が奪い合うように競い合って何とかその物件・不動産を自分の掌中に収めようとする様は、果たして“売る”というより“買う”に近いでしょう。

 それはまるでバーゲンに群がる買い物客の心境でしょう。ところがもともと幻影なのだから、値段をあれやこれや競売してつけていっても、実態がない。ゆえに、売る人も買う人もハッピーハッピーでいいでしょ?と不動産業界では、競売の利便性がことさらに強調されているようです。

 物件のだぶつきで困っている人たちにも非常に有益な機会提供ですから、競売という手法が頻繁に用いられるのももっともなのでしょう。

3. アパート、マンション探し コツ

●不動産入門、アパートとマンション探しのコツ

 不動産を探そうと思い立ったとき、狭い日本である、特に都心部に住まうほとんどの方は集合住宅を探すのではないでしょうか?

 集合住宅にはアパートとマンションという大きな区分があり、アパート・マンション探しにはコツがあります。

 不動産の特性を抽出した各事項をあらいざらいチェックすることで、アパートを探すコツはまず押さえられるでしょう。

 一方、マンション探しのコツは不動産探しの根幹的な原理に基づきます。

 アパートとマンション探しのコツを熟考する際、参考になるのが「不動産入門」という定期刊行物の中で書かれているコツの項目です。

 特にマンションは「マンション探しのコツ」として13回におよぶシリーズとして講座が組まれています。

 マンション探しのコツに関するレクチャーを、不動産業界の重鎮たちによる壮観な地獄絵図がごとき暴露合戦として、そこには展開されています。

●不動産とアパートとマンション探しのコツについての考察

 集合住宅の中にアパートとマンションがあることは前述の通りです。

 マンション探しのコツについてもう少し考察を深めてみましょう。

 不動産とはいえ他の商材と同じく、自分のニーズをハッキリさせるのが一つのコツです。

 不動産における自分のニーズをハッキリさせた上で、それがアパートなのかマンションなのか各不動産物件の定義に合わせて検討します。

 不動産探しのコツ、マンション探しのコツ等と書くと、あたかも裏技的なものが存在するかのように感じるのが人間です。

 不動産の中のマンション探しのコツといっても何ら特別なことはありません。要は自分の好みに対して如何に妥協するかという点だけです。

 つまり不動産におけるマンション探しのコツというのはあなたの目に見える表面的なものを大切にするということです。

 もっとも、目に見えないものは調べようがありません。裏技という幻想に目が眩まないように気を付けることが肝要です。

4. 賃貸契約の注意点

●不動産賃貸契約書面上の注意点

 不動産賃貸契約には注意点がいくつか存在しています。

 不動産における賃貸契約の注意点とは一体なんなのでしょう?

 それは、賃貸契約の書面をしっかりと読むということです。これこそ不動産賃貸契約の注意点の最重要項目です。

 不動産賃貸契約の注意点の第2は、不動産賃貸契約書面を読む際に決して読み誤らないということです。

 不動産賃貸契約の書面には、ともすれば非常に読み間違えやすい内容を含んでいる場合が少なからずあります。不動産賃貸契約書面はしっかりと声を出して読むことが肝要でしょう。

●不動産賃貸契約時に語られる注意点

 不動産賃貸契約時には注意点として契約現場で語られる項目が幾つかあります。

 この注意点を決して侮ってはいけません。

 不動産はすなわち財産です。誰にとっても等しく財産は自身や家族の健康に準じて大切なものでしょう。

 賃貸の契約の際には、その前提に基づいて、注意点が語られます。賃貸契約では誤りや漏れがないように、最大限の注意点としての配慮が必要なのです。

 不動産は人にとって住まいであったり、仕事場であったり、もろもろの形態を取る可能性があります。

 不動産賃貸契約に際しては注意点に配慮した上で事態に対処し、悔いのない不動産賃貸の契約を結んで欲しいと思います。



5. 土地家屋調査士

●不動産の土地家屋調査士と不動産鑑定士

 不動産の土地家屋調査士という職業をあなたは聞いたことがあるでしょうか?もしかしたら聞きなれない言葉かもしれません。土地家屋調査士という言葉があなたの経験や生活の中に度々出てくるとは思えませんから。なぜなら土地家屋調査士という資格者自体、極めてレアな存在だと思われます。

 不動産の土地家屋調査士は読んで字のごとく土地や家屋を調査するのはもちろん、測量から図面作成、そして申請書類作成までをトータルに行える法律の専門家です。

 よく皆さんが混同される職業に不動産鑑定士があります。不動産鑑定士は不動産の鑑定評価をすることのできる資格者です。つまり土地家屋調査士が調査測量した結果の書類無くしては、不動産鑑定士は正確な鑑定評価などおぼつかないのです。両資格者の密接な係わり合いが感じ取れることと思います。